ほいくま!

「ほいくま!」は保育士が保育業界について、保育士の仕事、転職、マネー、恋愛、美容、保育時事ネタを配信しています。保育士がもっと豊かに暮らせる世界になあれ!

【この2つで禁煙成功!】絶対にタバコを吸えない保育士が我慢できてる方法って?

タバコを吸う方は、今後気軽に家で吸えなくなる可能性が出てきました。というのも、昨日8月3日に受動喫煙を防ぐ条例案の検討が発表されたからです。

小池百合子・東京都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」が考えた受動喫煙対策は、飲食店等の屋内、子どもがいる自宅や自家用車の中、通学路などでの禁煙制限するといった内容です。条例案ですので、捕まったり刑罰になるわけではなく、努力義務になりますが、罪にならなくても国の条例に違反することなので、条例案が検討された際にはしっかり守っていかなくてはいけませんね。

基本的にはこの条例、子どもを守るための条例に当たるのかと思います。大人が一緒にいる空間でタバコ吸っていたら、子どもはその場から逃げることが出来ないので、結果的に受動喫煙になりやすいでしょう。副流煙は子どもにとっては大きな健康被害になります。

禁煙必須な保育士さんの禁煙方法って?

子どもがいる環境といえば、保育園や幼稚園。保育士でもタバコを吸う方はいますが、原則として保育園幼稚園等の保育施設は禁煙です。タバコを吸う保育士も仕事中はもちろん我慢しなくてはいけません。保育士はストレスが溜まりやすい仕事なので、意外とヘビースモーカーが多いです。では、そんなヘビースモーカーな保育士は、どうやってタバコを我慢しているのでしょうか?今回は絶対タバコを吸えない保育士の禁煙方法を教えます!

1、ガムを食べて禁煙+ダイエット効果

喫煙者はタバコ吸っていないと口が寂しくなる事が原因で、吸ってしまう方が多いです。その場合はタバコに変わるものを口に含んでおけば良いのです。飴などチョコ等でも良いのですが、すぐなくなってしまう上に食べ過ぎたら太ってしまいますよね。虫歯の原因にもなりかねません。

そこでおススメなのがガムを噛む事です。ガムでしたらしばらく口からなくなる心配もありませんし、太る心配もありません。ガムを噛んでいるからタバコを吸えないよう習慣付ければ、タバコを吸おうという気持ちも治まりやすいです。またガムを噛む行為は「咀嚼」に当たり、この咀嚼は肌の美容や消化不良を助ける働きがあります。今の人は昔に比べて柔らかい食べ物を好み、噛む回数が減る傾向にあります。なので禁煙+健康な体を作ってくれるガムを食べるという方法はかなりおススメです。保育士でもこの方法で禁煙成功した人が多いです。

2、今流行の電子タバコに切り替え!

タバコは禁煙をして止めていたとしても、1本でも吸ってしまうとそこから中毒になりまた吸ってしまいます。依存性が強いので、少しずつ止めるではなくしっかり吸わないと決めないとなかなか止められません。どうしても止められない方は電子タバコ(アイコス)に切り替えるこをおすすめします。アイコスは火を使わないので煙が出ることがなく、水蒸気を吸っています。タバコのデメリットである体に悪い有害物質は燃やすことで発生するので、アイコスにすることでタバコの有害物質を90%も抑えることが出来ます。また、煙が出ないので周りにいる人が副流煙で悩むこともありません。

まとめ

タバコを止めることはメリットでしかありません。自分の健康や身近にいる大事な方の配慮のためにも止める努力をする事をおススメします。タバコが好きでどうしても止められない方は、アイコスにするのが一番良いでしょう。ガムも禁煙だけではなく健康改善やダイエット効果があるので試してみる価値はあります。ぜひ禁煙を目指している方は参考にしてみて下さい。