ほいくま!

「ほいくま!」は保育士が保育業界について、保育士の仕事、転職、マネー、恋愛、美容、保育時事ネタを配信しています。保育士がもっと豊かに暮らせる世界になあれ!

1年以内に3回の転職・・・。転職を繰り返すジプシー保育士に「転職を繰り返さないために」主任保育士からのアドバイス

f:id:baitoclub:20180606174652j:plain

転職を繰り返してしまう原因はどこにあるのでしょうか。毎日子ども達と全力で関わり、行事に、力仕事・・・そして保護者対応などの精神的プレッシャー。

国は、「国家資格」を有する保育士の給与をもっと考えて欲しいものだ。給与に見会わない膨大な仕事量。社会的問題「保育士不足」の原因が見えてくる。保育士資格は持っていても、現場で働かない人、実は多いんですよ!!就職難と言われる今、保育業界は新卒でも初年から「正規雇用」にしたり、「休みを取りやすい環境作り」など、保育士獲得に向けて、頭を下げてばかりなのです。

少しでも良い条件を求めて転職を繰り返す保育士、なかなか職場の馴染めずにすぐに退職してしまう保育士など、転職を繰り返す原因は様々なですが、ここではすべての保育士が、3年以上働ける職場を見つけるコツを紹介したいと思います。

保育士は転職者が多い!?

これは事実で、納得するような理由も存在します。先程も話したように、保育業界は保育士獲得の為に、保育士資格を有する人に対して、頭を下げている状況です。

「ぜひ、我が園に来て欲しい!」と、少しでも他園より給与を上げたり、条件を良くしようと必死です。少しでも今の職場に不満があれば「別にいいや!違う園に行こう!」と、考える人が多く、これが離職率の高さに繋がります。

「少しでも条件が良い所」この思いが強ければ強い程、転職を繰り返し、実際に、よっぽどの原因が無い限り、採用しない園は、今の時代殆ど無いと思います。

出来るだけ、転職を避ける為に・・・

「転職」が悪い訳ではなく、自分に合った職場探しはとても大切な事です。しかし、少し嫌なことがあっただけで、「辞めて他に行こう!」というのは人として、社会人としては無しかな!と思います。どの職場に行っても100%居心地が良い職場は存在しないと思います。

転職を繰り返すのは仕事の探し方に問題あり!?

少し「主任保育士の目線」で、きつめの言葉になってしまいましたが、保育士も一人の人間です。環境が変われば動揺もするし、精神的にも不安定にもなります。だからといって、むやみやたらに求人誌に掲載されている保育園に就職し、職を転々と変えてしまえば「自分の評価を下げ続ける」結果になります。

そうなると、雇う側からすれば「どうせすぐに辞めてしまう!」と思われ、職に付く事すら困難になってしまいます。 

hoikuma.hatenablog.com 

保育士人材紹介サービスの利用

転職を考える際に、「人材紹介サービス」に登録するという手があります。

自分がなぜ仕事を辞めたくなるのか振り返ってみて、「こんな職場なら続けられそう!」という道を探しましょう!そして、それを具体的に就職先に求める「条件」として、人材紹介サービスのコンサルタントに伝えます。その後は、コンサルタントの方がその条件に合う職場を探し、紹介してもらう!というサービスです。

これなら、無鉄砲に就職、退職を繰り返すリスクがグンと低くなります!! 

hoikuma.hatenablog.com

まとめ

今の時代、保育士確保を最優先に考える保育の現場。保育士が好条件を求めて転職を繰り返す気持ちも、分からなくはありません。

しかし、上手くいかない時こそ、自分で道を切り開く「努力」が必要です。

また、転職する人自身だけの問題ではなく、離職率が高い園にも努力は必要だと思います。給与を一気に上げるのは無理な話ですが、「働きやすい職場作り」「保育士が頑張ろうと思える環境作り」がしっかり出来ているのかを、今一度見直していくと良いと思います。