ほいくま!

「ほいくま!」は保育士が保育業界について、保育士の仕事、転職、マネー、恋愛、美容、保育時事ネタを配信しています。保育士がもっと豊かに暮らせる世界になあれ!

公務員保育士になりたい!公務員保育士の知識と公務員として働くメリットデメリット。一般保育士との給料を比較

「公務員」と聞くと「安定」している、「エリート」、「土日は休み~♪」なんて、良いイメージが沸いてきますね!

その「エリート」に保育士もなれる!?としたら。。。

なれるのです!保育士にも「公務員保育士」というのが存在します!!

じゃあ、公務員ってどこからどこまでが公務員なの!?と、疑問を持つ方もいらっしゃると思いますので、少し「公務員」について触れたいと思います。

公務員のお仕事

公務員は主に「国家公務員」と「地方公務員」に分けられます。

私達の身近な公務員は、大体が「地方公務員」です。「消防士」や「小・中・高の先生」「市役所の職員」といった所です。

「公務員保育士」と「一般保育士」の違いは!?

よくある勘違いとしては、「認可園で働く保育士は公務員」と思ってしまう人がいます。しかし、「認可園」や「認定こども園」などは、「私立」の保育園なので、働く保育士さんは公務員保育士ではありません。国や市区町村が営業を認めているという意味で「認可」とついています。国や市区町村が運営しているわけではないので、公務員ではありません。

各自治の「保育士採用試験」に合格した保育士は公務員保育士として働くことができます。公務員試験は、一般教養、論文、実技、面接などが行われます。

「私立保育園」と「公立保育園」の違い

公務員保育士になると地方自治体が運営する、「公立保育園」で働く事になります。

給与面に関しては、私立も公立も初任給はさほど変わりませんが、公立は公務員なので、毎年給料があがり、継続年数が長ければ長いほど、給与は高くなります。

私立も公立も、仕事内容には殆ど差はありません。しかし、公務員保育士はあくまで「公務員」なので、人事異動や、転勤の可能性も出てきます。

公務員保育士になるメリットとデメリット

私立保育園と、公立(公務員保育士)保育園の行う保育は「子ども達の成長を助長する」といった意味では差ほど変わりはありません。

公務員保育士になるデメリット

私立と公立の保育を比較するとしたら、公立に比べ、私立の方が「その園の特色」を出しやすいので、様々な取り組み(カリキュラム、リトミック、英語、ミュージックステップなど)を行っている園が多いです。

公立は運営する地方自治体が保育方針を定めているので、「新しい取り組み」が難しいように感じます。

また、公務員保育士は「人事異動」があるので、担当していた子ども達が卒園する姿を見られない、というデメリットがあります。(何か、公務員保育士より、私立の方が良くね!?って思う人もいるかもしれませんね(笑))

実際に、保育士としての「刺激」や「やりがい」を強く求める人は、私立の方が合っていると、私的には思います。

公務員保育士になるメリット

公務員保育士の一番のメリットと言えば、ズバリ「安定性」と「働きやすさ」でしょう!「安定性」は次に説明するとして、「働きやすさ」とは、「土日が休み」「残業なし」がほぼ確実的です。

私立は「休日保育」といって、日曜日や祝日も保育を行う事業を取り入れている園や、夜間保育を取り入れている園もあり、シフトで休日出勤、夜間出勤も出てくる事があります。

しかし公立は、行事などが土曜日にあたる事はありますが、それ以外は土曜日は休み、また、早朝保育や延長保育は、臨時のパートの先生が担当し、8時~17時勤務という、安定した働きやすさがあります。

この「働きやすさ」が公務員保育士のメリットだと思います。

公務員保育士の給料と一般保育士の給料を比較

では、先程話した公務員保育士のメリットの一つ、「安定性」について話していきます。厚生労働省「平成28年度賃金構成統計調査」での発表によると・・・

「私立保育園」

  • 平均年齢:36歳
  • 平均年収:約327万円
  • 平均月収:約22万円
  • 平均賞与:約59万円

「公立保育園」

  • 平均年齢:45歳
  • 平均年収:約555万円
  • 平均月収:約32万円
  • 平均賞与:約171万円

となっています。これを見て率直に感じる事は何ですか?たぶん皆さん「平均年齢が同じじゃないから、給料に差が出て当然じゃん!」と、感じる人、多いと思います。

私立の平均年齢が低いのは、公立の平均年齢の「45歳まで続ける人がかなり少ない」事を指しています。もっと砕いて話すと、私立保育園は「45歳まで続けるには給与が低い」事を指しています。

それに比べ公立は、「定期昇給」というのがあり、初任給は私立と変わりませんが、勤続年数が長ければ長いほど、給与がグンと上がるのです。これが公務員保育士のメリット「安定性」なのです。

まとめ

皆が憧れる「公務員」に、保育士だってなれる可能性があります。ですが、地方自治体によって、保育士採用試験を受講できる年齢が異なったり、試験内容も異なる事があるので、注意が必要です。公務員なので、リストラなどの危険性は無いものの、急な転勤や、人事異動などは頭に入れておかなければいけません。