ほいくま!

「ほいくま!」は保育士が保育業界について、保育士の仕事、転職、マネー、恋愛、美容、保育時事ネタを配信しています。保育士がもっと豊かに暮らせる世界になあれ!

【高給与ってほんと?】企業内保育士への転職がおすすめな理由!

f:id:baitoclub:20171102155747j:plain

企業内保育士とは、企業内、または企業の近くに設置した保育所に勤務する保育士のことです。

子育てをしながら子供を育てるママが仕事に復帰しやすいよう、福利厚生の一環として設置するケースが増えてきました。

複数の会社で設置していることもあります。企業内保育士についてまとめています。

 

どんな仕事?他との違い

企業内保育士は、企業が設置した保育施設で働く保育士のことです。保育士としての仕事をするのは保育園と大きな違いはありませんが、設置しているのが自治体や社会福祉法人などではなく企業である、という面で違いがあります。

企業内保育は社内の福利厚生のために開設しているので、外部業者に委託されているケースも多くパートや臨時職員として働くパターンもあるんです。

もちろん正社員として雇われて働く保育士もいるため、どの企業の保育所で働くかで給与や福利厚生面が違ってきます。転職の際は待遇を良くチェックすることです。

給料は?

企業内保育士の給料は時給約900~1,200円が相場となっています。年収にすると約300万円前後。保育士の全国平均が約320万円なので、それほど大きく変わりません。

ただし残業をしたり休日出勤をするなどすれば給与が加算されますので、年収もアップします。社員が数百人、数千人いる大規模な会社で正社員として雇用されればより高収入が見込めます。

▼保育士の貧困格差。給料を増やすための参考に!

hoikuma.hatenablog.com

メリット

公立保育園の保育士には定期的な異動がありますが、企業内保育所の保育士には基本的に異動はありません。職場がアチコチ異動するのは嫌だと思う保育士にとっては働きやすい職場となります。

大きな園庭もなくイベントもしづらいので、 遠足や運動会などが積極的に開催されることも少なく体力的に楽な面も魅力。イベントの飾りつけや準備もそれほど大がかりではありません。

デメリット

企業内保育所は認可外保育所の扱いになるため、保育士一人で多くのお子さんを面倒みる可能性もあります。

またきちんと設備が整っているわけではないので、施設に広さがない、衛生管理が不十分などお子さんを保育するには完璧な環境ではないことも頭に入れておきましょう。

保育士の人数が少ないと職員を教育する余裕もないため新人保育士では仕事についていけないケースも出てきます。


転職の際に気をつけること

企業内保育は企業の福利厚生の一環なので、業績の悪化に伴って廃止されることもあります。一生働き続けられる保証はありません。

転職後、できるだけ長く同じ職場で働き続けたい、退職金が欲しい、 福利厚生がしっかりした保育所が良いときは勤務する企業をしっかり選ぶべきです。 

▼転職の際に気をつけないと、大変な目に合います・・・。

hoikuma.hatenablog.com

求人の探し方

大手企業は企業内保育が充実していますし、そのような保育所は待遇も良い傾向にあります。大企業の企業内保育所を狙うのがおすすめですが、求人が少ないため簡単に転職できません。

そこで保育士専門の転職支援サイトを利用してみましょう。 条件の良い企業内保育所求人は非公開求人扱いなので一般公開されません。公開されないまま登録会員に紹介されて求人枠が即埋まってしまうため、条件の良い企業内保育所求人が知りたいときは転職支援サイトの使用をおすすめします。

非公開求人が多いといわれている転職サイトは、スマイルSUPPORT保育や、保育ひろばなどの求人数の豊富な転職サイトを活用すると良いかもしれません。

▼実は、「スマイルSUPPORT保育」って非公開求人の宝庫?

hoikuma.hatenablog.com

まとめ

企業内保育所は認可外保育所なので、少ない保育士でたくさんのお子さんを保育するというような厳しい現実があります。

それでも企業の福利厚生や社会貢献できる素晴らしい職場ですし、大企業の保育所は施設がかなり充実しているので、実際に見学してみて面接を受けるかどうか決めるのも良いですね。