ほいくま!

「ほいくま!」は保育士が保育業界について、保育士の仕事、転職、マネー、恋愛、美容、保育時事ネタを配信しています。保育士がもっと豊かに暮らせる世界になあれ!

うつ病になった保育士は転職できる?転職すれば、鬱は治る?主任保育士目線でアドバイス!

世の中の人は「保育士」という仕事にどんなイメージを持っていると思いますか?

「子どもと遊んで、ご飯食べて、お昼寝して、お迎えを待つ」という仕事内容だと思ってる人が多く、これは間違いではなく、1日の流れとしては、どの保育園もこのようなスケジュールで保育を行っていますよね。保育士の仕事をしたことがない人は、楽な仕事って思いがちですが、大事な子どもを預かっているので楽なわけないですよね。

子育て経験さえあれば誰でも出来るような仕事!に思われてしまいますが、遊び、食事、睡眠、一つひとつに意味があり、保育士は1年、1ヶ月、1日単位で計画を立てていて、頭も体力も使います。そして行事に終われるプレッシャーや、保護者対応に追われる毎日で、精神的負担もかなり大きな仕事です。腰や身体のあちこちに痛みを抱える事もあり、特に精神的に追い込まれ、「うつ病」になってしまう先生も多いのです。

 

f:id:baitoclub:20180606160313j:plain

この記事にたどり着いたということは、あなたもきっと辛いことがあって、転職で今の精神状態を解消できるのか調べているのだと思います。腰や身体の痛みは、痛みが収まれば「治った」と実感できますが、うつ病は厄介な病気で、薬を飲んでいても効いているのか、効いていないのか実感がなく、「もう治りました」と自分で自覚するのが難しいのです。

それでは、前置きが長くなりましたが、タイトルの内容に戻り、うつ病の保育士は転職できるか?という点について私のできる限りのアドバイスをしたいと思います。

 

 

私は医師ではありませんが、うつ病とは一般的に、気持ちが沈んだり、マイナス思考や、被害妄想が強くなったり、不安感の高まりや、自己肯定感が低くなることと言われています。薬をしっかりと飲み、心と身体を充分に休息させることで「治る」病気と言われている反面、薬を自己判断で飲まなくなったり、急な環境の変化などで「再発症」する可能性も高いと言われています。

うつ病になったら保育士は続けられる?

うつ病を発症し、治ったとしても再発の恐れはあります。毎日、人と関わる、保護者対応で気を使う保育士を続けるには、それなりのリスクもあると思いますが、一概に続けられないとは言えません。

自分の事を元々知ってくれている職場というのは大きなメリットです。自分の今の状態をしっかり説明し、担任は外してもらう、パート契約で午前中だけの勤務にしてもらうなど、やり方は様々あると思います。

自分の事を理解してくれている保育園であれば、無理なく、自分の出来る事と、出来ない事を伝えていくと上手く保育士の仕事を続けていくことはできます。

復帰できず、転職を考えるなら

「うつ病を抱えている自分を理解してくれる職場」という条件で、保育士を続けるのもあり!という話でした。では

  • 保育士が不足して困っている!早くフルタイムで働けないか!?
  • ◯◯先生だけ、午前中勤務ってね~・・・

なんて陰口言う先生、保育園も必ずあります。(保育士も人間ですから(笑)) そんな園に復帰しても、ストレスがたまり、「再発症」の恐れが高まるばかりです。

では、「転職」を考えてみましょう。

出来るだけ保育士としてのスキルを活かしたいとこですが、「うつ病と上手く付き合いながら出来る仕事内容」で考えた方が良いと思います。

うつ病というのは、長い目で見て治していかないといけません。今までの生活に早く戻りたい!という思いが「焦り」を生み、その「焦り」も、うつ病の症状の一つなのです。体力的にも、精神的にも無理なく行える業務、時間帯で転職を考えると良いでしょう。

まとめ

今回は「うつ病」「保育士」というキーワードで話を進めてきましたが、うつ病の症状の出方や、症状の重さなども人それぞれなので、一概に「復職が良い!」「転職が良い!」という答えは出せません。

うつ病は「治る病気」と共に、「再発症率の高い病気」でもあるので、うつ病を発症し、ある程度落ち着いて仕事復帰を考える際は、正規雇用や今まで通りの生活をすぐに取り戻す、といった「焦り」を抑え、「自分の今の状態に合った職場」を見つける事が一番だと思います。

 

hoikuma.hatenablog.com

▼転職するなら、どんなポイントに気をつけて求人探せば良いか解説しています。

hoikuma.hatenablog.com

hoikuma.hatenablog.com

▼ 保育士の資格を活かして働く方法は、園だけじゃない!他の業界でも保育士資格を活かしてみるのはどうかな?

hoikuma.hatenablog.com

hoikuma.hatenablog.com